満たされた弱者

重度身体障害者、生活保護受給中。

3年は長いか短いか

今日でギラン・バレー発症してから丸3年経った。多分。脱力が始まる前から自力では起き上がれなかったので、いまいち何日が発症かわかっていない。書類上は9月15日になっているけど、それは救急病棟から精神科に移った日で、確かその3日後に脱力が始まったと…

台風は過ぎていった

昨夜大阪はかなりの暴風雨だったらしいが、私は全く気づかずスヤスヤと眠っていた。朝ヘルパーさんが来てくれた時には雨は止んでいたのだけど、携帯に避難勧告のメールがわんさか来た。大きな川が氾濫する恐れがあるので、丈夫な建物の3階より上に避難してく…

ヘルパーさんに買い物をお願いする

うちの近所にはさほど大きくないスーパーとほどほどに広いドラッグストアがある。食料や日用品の買い物は、ヘルパーさんに週3回お願いしている。 今では買うものが決まっているので、スーパーのwebチラシを見ながら私が事細かに指定する。私も一緒に行けば自…

もう、もう…

書くことがなくなってきたよ。 あんまり介護事情を詳しく書いてもなぁと思ったり。 昨日突然、金・土の夜3時間入ってもらってる事業所から電話があって、「来週から入れなくなったので代わりを探しました」って言われた。そんで他の曜日に入ってもらってる事…

価値観の異なる者が混ざると群れは成長する

タイトルは録画したアニメ「銀の匙」を見ていたらでてきたセリフ。 これはただ単に混在するんじゃなくて、異なる価値観の者同士が意見を交わすことによって集団に多様性が生まれるということだと思う。 逆にいえば、そばにいても「あいつの言うことは意味が…

就職してみた話(10年前)

大学でのバイト生活は楽しかった。貧乏だけど、自宅から徒歩10分の大学と徒歩3分のスーパーと徒歩5分のコンビニで生活が完結してたからやっていけた。元々私はきっちり家計簿つける倹約家だし。仕事が暇な時はPC触って遊んでるけど、やる時は他の秘書さんじ…

無駄に高学歴

本当に、今となっては無駄でしかない。自慢ではなくて「それでもここまで堕ちるのだよ」という話として読んでいただきたい。 無駄に高学歴とは言ったが、一般から見てどちらかといえば高学歴と言われるだけで有名大学とかではない。そこそこの公立大学の、大…

私を不幸だと思いたい人

私は30代後半だが結婚していないし恋人もいない。別に身体障害者になったからではなく、10年以上前から彼氏なんていない。自分ではそれを不幸だと思わない。寂しいという感情が私にはないし、干渉されることが凄まじいストレスになるからだ。 わかりやすい障…

訪問介護:よくない事業所2

何だかすぐ書くことなくなりそうだなあ。もうすでに面倒くさい。最初に書いたように、満たされたものは声を上げなくなると思ってるので、そんなに訴えたいことなんてないのである。 今日は前回チラッと書いたヘルパーさんが辞めていく事業所の話を書こう。ま…

訪問介護:よくない事業所

今日も雨が降ったので通院はお休み。昨日行ったからいいや。 今日は訪問介護事業所の話を書こうか。田舎はどうかわからないけど、私が住んでいる大阪市には訪問介護事業所はたくさんある。多すぎて選べと言われても選べないよというくらい。じゃあ人手は十分…

雨の日はお休み

今日は雨が降っているので通院リハビリはお休み。車椅子を押してもらって3分ほどのところにある病院だが(というより病院の近所に引っ越してきた)、リハビリだけなら週3回あるので休んだって構わない。しかし明日も明後日も雨の予報である。そうすると今週…

生き地獄とは言ったけど

今の私の暮らしは何も不自由ない。満たされている。 誤解しないでいただきたいのはこれはあくまでも「私の場合」である、ということ。すべての身体障害者がのんべんたらりと生きているわけではないし、働かなくていいけどトイレも1人じゃ行けないよという状…

訪問介護:制度の話

ああ、ちょっと調べただけで面倒になってきた。でもこういう話を書こうと思ってこのブログを始めたのではなかったか。 障害福祉サービスの訪問介護について少し説明を試みる。すごく大雑把な話なので詳細を知りたい人はいろいろ検索してみてほしい。 介護保…

ものぐさ

例えば居宅介護と重度訪問介護の違いの話などを書こうとずーっと思っているのだけど、正直言って面倒くさい。せっかくマイノリティのブログなのだから、そういう有益な情報を書いておくといいのにと思うんだけど、私ってそういうことに向いていないんだろう…

パンク

車椅子のタイヤがパンクしたらどうしようと考えたことは何度もあるが、エアクッションのパンクはなぜか考えたことがなかった。どっちが弱いかといえばクッションだろうに。 私が使っているクッションはロホのハイタイプ。 ロホクッション ハイタイプ 532500 …

自殺する者は何も考えられない ※訂正あり

先に書いた「死んでみないとわからないバカは死ねないつらさを想像しない」について、ブックマークのコメントで「自殺志願者も読んだほうがいい」というものを拝見した。本当にそう、という失敗者としての談と、でもねえ、という自殺未遂経験者としての談を…

備えあれば憂いなし

昨日お腹痛くなるほど悩んだのに、うまい具合にほとんど雨に当たらず外出できた。しかし備えあれば憂いなし。車椅子用レインコートは注文した。 今日は車椅子のクッションのエアが抜けておしりが痛かった。エアクッションなのだが買って2年、空気を入れたこ…

後悔先に立たず

明日は外出の予定がある。ヘルパーさんと電車で。大阪は激しい雨の予報。最寄り駅までは父に車で送ってもらうが、目的地は電車から降りて地上を歩かねばならない。今から心配しすぎて胃が痛い。車椅子になってからこの3年、土砂降りの時に外に出たことはない…

死んでみないとわからないバカは死ねないつらさを想像しない

ちょいと違う話。 テレビのニュースで吉野川に飛び込む若者のことを扱っていた。何mあるのかな、切り立った崖から飛び込んで遊ぶ若者がうじゃうじゃいる。水深は深いところで3m、浅いとこは2mくらいしかない。死亡事故が跡を絶たなかったので県は警備員を配…

退院

いつのん気な暮らしの話になるのか。なかなか大変そうに見えるじゃないか。事実大変だった。入院はもう嫌だ。看護師さん忙しくて大変なのは見てればわかるけど、患者がいるところで他の患者のプライバシーに関わるような話を大声でするのはどうか。白衣の天…

病気の経過

さて、前回の記事で私がギラン・バレー症候群になったことは書いた。このブログには主に利用者から見た介護業界のことを書きたいと思うのだが、どこから始めたものかな。介護の前に医療の話を少し。 入院期間は11ヶ月。よくなっての退院ではなく、急性期病院…

元メンヘラ

メンヘラという表現は適切ではないかもしれない。 だが今振り返ると、以前の私はメンヘラと表現されてもおかしくない状態だったのではないか。 身体障害者になった経緯と生活保護を受給することになった経緯を説明しようと思うと、やはり精神疾患のこと抜き…

満たされた者は声を上げなくなる

何から書こうか。まず、ここに何かしらかこうと思ったのは、 身体障害者のブログはあっても、 生活保護受給者のブログはなかなかないんじゃないかと思ったから。 あっても、保護で暮らしていくのは大変だとか、 そんな生活から抜け出すための云々とか、 あと…

自己紹介

自己紹介。 2010年9月ギラン・バレー症候群発症、 首から上しか動かなくなった。 多くの場合数ヶ月で通常の生活ができるまで回復する病気だが、 たまたま予後が悪くて2013年8月現在も車椅子生活。 少しずつ回復はしている。 身体障害者手帳1種1級。 トイレ、…