満たされた弱者

重度身体障害者、生活保護受給中。

ブログってこんなのだったのか。

私はインターネット初心者ではない。

PCを使い始めたのは1996年、大学の専門で必要だったからだけど、今ほどインターネットは普及してなかったし家では繋いでなかった。基本的にレポート作成や統計、実験に使ってただけ。大学の情報処理の授業もネットは使わなかった気がする。私が一般教養の情報処理取ってたのは95年の前期だから、Windows95出る前。NeXTSTEP使ってた。そんな時代、ワークステーションの文書作成ソフトでレポート書くくらいのことしかしていない。専門でまたワークステーション使う授業があったけど、こっちは表計算だった。

研究室にあったWin95はインターネットに繋がっていた。98年ごろからインターネットを使ってみるようになった。読み込みは遅いし、動画や音楽どころか、画像さえいかに軽く作るか考えなきゃいけない時代。私が作り手に回ったのは2001年だったけど、いまだにjpeg画像のサイズは8×8の倍数で考えてしまう。

そんな話を書くつもりじゃなかった。つまり、インターネットが普及してきた頃に手探りで使い始めて今に至る。ネットからリアル友人になって10年以上の付き合いの人もいるし、やはり私はインターネット初心者と呼ばれるべきではないだろう。

それでも、はてなを使い始めてちょっと驚いた。やたらと「意識高い」ブログが多いことに。自作サイトでセットアップしたMovable Typeが動かなくなった数年前から今年の春まで、アメーバブログを使っていた。ピグなど余計なサービスが始まる前、懸賞サイトのポイントがもらえたから使い始めた。それだけの理由だった。
今となってはアメーバといえば芸能人のブログだ。人気ブログランキングなんか見たことなかった。つまらないから。交流があるブロガーさんたちも、フッツーの自分の日常とか思うことを書いてる人ばかり。
そこいくとはてなはなんなのだ。やたら上昇志向が強い人や、逆に弱者視点で社会を語る人がすごく多い印象。人気ランキングに入ってる記事ってそういうのがほとんどに思える。
どう考えたら仕事の能率が上がるかとか、社会の歪みとか、そういう話が飛び交っている。目につくだけか?
はてなユーザーは恐らく、そういうところが好きでアメーバは読む気が起こらないとか、そんな感じなんじゃないか。私だってアメーバにうんざりして出ていって、livedoorに移ったけどそれはマイページの見やすさだけでの選択だ。どんなユーザーがいるとか考えもしなかった。
ランキングに入るブログを私が読んで面白いと思える、そんなサービスがあると思ってなかった。はてなの存在はそりゃ前から知ってたけど、そのシステムやコミュニティとしてのはてなを気に留めたことはなかった。だから使ってみて驚いた。ブログってこういうものだったのか。

私ははてな大好きユーザーにはならないだろう。でも、ここでいろんなブログを読んだらちょっとは頭遣える気がする。


だからといって、自分が意識高い人間になれるかということは別問題。
意識高いことを書かなきゃ、と思っちゃうことはあるけど、そんなの柄でもないし。
だらだらしていきます。

広告を非表示にする