満たされた弱者

重度身体障害者、生活保護受給中。

「感想」と「悪口」の境界

今更感満載の話を書きます。

ネットに悪口を書き込むヤツらに反応することはいかに不毛な行為なのか?

を読んだ感想。

 

まず最初に警告がある。

自分自身は何も生み出さないくせに、上から目線で偉そうな評論をブチかましたいだけの方は、気分を害する恐れがありますので、今すぐタブを閉じて読まないことを推奨いたします。

とのこと。

うーんちょっと、クリエイターでないことを「生み出さないくせに」って言っちゃうのはどうなのだろうか。

例えば、今私が書いている文章はコンテンツというほど立派なものではないけれど、すごく魅力的な文章でブログを書いて、たくさんの読者に影響を与える人もいる。そういう人でも創作でないならクリエイターとは呼ばないの?何かを生み出していることには変わりがないと思うのだけれど。

もしそういう、アルファブロガーと呼ばれるような人はクリエイターですって言うなら、私のような人間とアルファブロガーの間にいる無数の人達をどこで線引きするんだろう。

私が今書いていることは評論でも悪口でもなくただの疑問のつもりなのだけれど、これはどういうふうに受け取られるのかしら。

まあこれはちょっと引っかかっただけです。「上から目線で」っていう条件付きで考えれば感情的には理解できるものね。

 

で、主旨の「悪口に反応するのは不毛」ということについては全面的に賛成。はるかぜちゃんがこの記事を読んで「今までの自分は子供だった、不毛なことをやってきた」って気づいたそうだ。初めから悪意を持って絡んでくる人の相手しても、精神力を消耗するだけで何もいいことはない。

 

しかし検証方法には首をひねらずにいられない。ツイッターでエゴサーチして、自分の「悪口」を言っている人にリプライするというもの。ん?ん?自分へのメンションでないものに反応するの?

1件目はまだ、悪口かなあと思う。「インターネットやめてくれ」とネット上で(メンションではないにせよ)言われて「なんで?」と訊くこと自体は、不毛だけれども悪いことと定義はされないだろうし。しかしその返事の「エゴサキモい」には同意できてしまう。私もエゴサーチに近いことをしたことがあるけれど、気持ち悪い行為をしているっていう自覚はあったし、それで見つけた私に対する否定的な意見を「悪口」として絡むなんて相当イカれた行為だと思う。いくら検証のため敢えてやってますと言ったって、その行為が気持ち悪いと認識されることに違和感は持てない。何故気持ち悪いのかという話を始めると長くなるので割愛。

 2件目については、私から見ると完全にセブ山氏が因縁をつけているだけにしか見えないし、返事も屁理屈とは思えない。

不快に感じたり、アンフォローすることは自由ですが、なぜわざわざインターネットに悪口を書き込むのか聞いてみましょう。 

この時点で意味がわからない。それは悪口なの?「不快に感じたのでアンフォローしました」はただの事実じゃないですか。メンションでないならただの、「セブ山氏の記事は不快だ」っていう感想じゃないですか。村上春樹の本は面白くないって書いたら悪口ですか*1新井素子の若い頃の本は大好きだけど文体がクソムカつくから人には薦められないって書いたら悪口ですか*2本の感想書きませんか?ウェブの記事を読んだ感想書きませんか?一切?

例えば2件目の方とセブ山氏が知り合いで、共通の友人がいる中で「アンフォローしました」って明言されたらそれは「喧嘩売ってるなあ」と思うよこっちも。でもそういうケースじゃないのよね?

とまあ、私は腑に落ちなかったわけです。

 

多分長期間の観測なら「悪意を持ったメンション」に反応するという方法で検証できたのだろうが、さあ今から検証しようとなると悪意メンションを待つのは非効率的、ということでこのような方法を取られたのだろう。

が、第三者(私だけだけど)から悪口に見えないものに絡んで屁理屈だとかこじつけるのは…主旨には賛成できるだけに、そんな方法とらなくてもよかったんじゃと思わずにいられない。

「発言の自由だ! 俺はそう感じたのだからそう書いた! 何が悪い! わざわざ絡みにくるな!」と怒る方もいるでしょう。

 

たしかに、一理あります。おっしゃるとおり。ごもっとも。

 

ということは、今こうして僕が書き込んでいることも自由でしょう。

もちろん自由だ。であるから、私が疑問をブログに書くことも自由で、それを批判することも自由である。

発言の自由だ! 俺はそう感じたのだからそう書いた! 何が悪い! わざわざ悪口を書き込むな!

 

と、そっくりそのままお返しします。

これも「わざわざ悪口を書き込むな」以外は何にもおかしくないと思う。いや私には悪口の定義がわからないだけか。「筋の通ってない罵声だけのメンション送ってくるな」だったらマナー上至極真っ当、その通りだと思う。が、ネット上のコラムには「これマジ最悪」以外コメントしたくもないような酷いものが実在しているのだ。それ以上考えたら負の感情がどんどん増大するようなもの。それを放置することもできないようなもの。「これ酷くね?皆さん読んでみてください」というのを悪口って言っちゃったら…納得いかない。あっ、コラムはクリエイターの仕事に含まれてるかな?ライターってクリエイターだよね?

 

エゴサーチしてメンションでないものにリプライしたり非公式RTで晒しあげという行為は、誰がやっても見ていて気持ちのいいものではない。好意的なものですらちょっと気持ち悪い。メンションで罵倒されたなら晒したれと思う。つまり私の「感想と悪口の境界」は、「表現者に直接宛てたものか否か」にある。このブログに対する悪意が「私が見ることを想定した場」以外に書かれたとしてもそれはもう、傷つくことはあっても「そんなことを書くとはけしからん!!」とは思うべきじゃないな、と。

 

最後になったが私はセブ山氏がどんな方かは全く存じ上げない。この記事だけを読んで、感想を書きました。

 

*1:例であって私は村上春樹の本を読んだことはない。

*2:私の実際の感想です。

広告を非表示にする