満たされた弱者

重度身体障害者、生活保護受給中。

ロホクッションパンク(3回目)

今回は長いけど完全に車椅子ユーザーにしか関心がないであろう話。

 

車椅子のエアクッション、2回目のパンクからわずか2週間後に3回目のパンク発生。
購入から1回目のパンクまでは2年。1回目から2回目までは4ヶ月。
安いものでもないので5年くらい保ってほしいところだが、毎日10時間座るなら予備は必要だなと思い、同じロホではないクッションの購入を検討した。
ロホは座った時のエアセルの変形が大きいので、いつも体重がかかる辺りが劣化するのは仕方がないことだ、と。

 

車椅子のクッションにはざっくり分けるとウレタン、ジェル、エア、およびこれらの複合といったタイプがある。
それぞれのタイプの中でも価格や構造、機能の違いは幅広い。
ウレタンは単層だったり多層だったり低反発が入ってたりいろいろあるが、
座り続けているとへたって底付きするリスクは高い。が、比較的安価。
ジェルは大体ウレタンで基底を作って体重がかかるところに流動体や特殊ゴムなどを仕込む。
中にはすべてジェルで出来ているクッションもあるがめちゃくちゃ重い。
価格は幅広く、エアより高いものもあるようだ。
エアは空気の量によって座圧を調整するので底付きのリスクは最も低いが、ふわふわして姿勢が不安定になりやすい。価格は高い。

2回目のパンクのあと、ジェルクッションを購入しようと思っていろいろ調べた。
私はリハビリ通院している病院があるので、そこに来ている業者さんに頼むのがいいのだろうけど、楽天のほうが安い。
ので、勢いでモルテンのレスポを注文した。

レスポ モルテン ネイビー

レスポ モルテン ネイビー

 

あっこの前までAmazonでは定価の取り扱いしかなかったのに楽天並みに値段下がってる。

レスポに関してはいくら探しても「使用者の感想」は見つからなかった。
ただ、理学療法士や介護施設のスタッフなどによるデモクッションに座ってみた感想は見つかって、悪くなさそうに見えた。

 

しかしそのあと、かたつむり (id:hate250708)さんから「バリライトを使っています」とのコメントを頂いた。
バリライトというメーカーを知らなかったので調べてみたところ、ウレタンフォームの厚みをエアで調整するというものだった。

VARILITE リフレックス 38×38

VARILITE リフレックス 38×38

 

エアといってもロホみたいにセル構造じゃないので、荷重がかかる部分の破損の危険は低そうに思えた。
いちばん安いリフレックスなら、バルブの開閉も必要ない。
これはもうちょっと考えようと思いレスポをキャンセルした。

 

いろいろ考えた結果、病院に出入りしている業者さんからデモを借りることにした。
購入となると楽天は安いけれども、全てメーカー直送返品不可、なのである。
レスポだって2万はする(定価は3万)。
2万出して使えなかったらさすがに、公費の無駄遣いと罵られそうだ。
で、レスポとバリライトのリフレックスを持ってきてもらった。
レスポに座った瞬間「あーこれはないわー」と私。
すっげえ固い。座っても全然沈まない。いや長時間座ったら違うのか?それにしたって座った瞬間がこれでは、下肢に力が入らない私はしばらく体勢が不安定にならざるを得ない。元々の厚みがある上に沈まないので座面が上がりすぎるのだ。
即刻却下してリフレックスに座ってみたら、これも座った瞬間はちょっと固いけど数分で空気が抜けて、レスポよりはずいぶんマシな状態になった。
結局リフレックスを借りて帰って6日ほど座ってみたところ、2~3時間座るとおしりが痛くなってくるが、プッシュアップ*1で除圧すると割とすぐ空気が入るので大きな問題ではないかな、という感想。
バリライトでももっと高い、ソロPSVとかメリディアンとかならそもそも痛くならないかもしれないが、恐らく私の手ではバルブの開閉ができないだろう。
あくまで普段はロホを使用して、外出時やパンク時の予備としてならリフレックスで十分であろうと判断し、借りた業者さんで購入を決定。
身体障害者手帳を使って公費の補助で購入する人が多いため定価販売です、と仰っていたが3000円ほど安くしてくれた。
受け取りは再来週である。

 

ロホははじめから入っている空気の量は変わらないので、座った瞬間おしりが乗ったところが凹むし、おしりを動かせばすぐに凹みも移動する。
しかしバリライトは空気が出入りするので、すぐに変形するわけではない。
それで困るのはリハビリ時に長下肢装具をつけたまま座った時。
装具をつけて立った状態では私の足は曲がらないのでPTさんが座らせるのだけど、
装具の大腿部分が乗り切らなくて落ちそうになってしまう。
トイレ移乗の時もヘルパーさんが座らせる位置が浅すぎると、凹まない分前に落ちるリスクは高い。
あとは、リフレックスでは毎日使っていると底付きするという意見も見かけた。
そういう欠点と価格、予備という位置づけを総合して考えて購入を決めた。
メインで使うなら、リフレックスはやめておくだろう。

 

クッションの買い替えは身体障害者手帳を持って区役所に申請すれば、たぶん補助が出る。
だが生活保護費余ってるし、今回は予備の購入だもんな。
生活保護担当からすればどうなんだろう、使える制度があれば併用っていつもいうけど、
この場合手帳でクッションを買っても収入には該当しないので保護費は変わらないはず。
ならば余分に補助を申請する必要はない、でOKだろう。

 

かたつむりさんのおかげでレスポを無駄に買わなくて済んだ(笑)

ありがとうございました!

 

*1:アームレストに手を乗せて腕を突っ張っておしりを浮かせること