満たされた弱者

重度身体障害者、生活保護受給中。

平和な日常

どうにかこうにか。
何とかなっているのかいないのか、まだ結論は出ないけれど、
最悪の状態は脱したかもしれない。

 

訪問介護は全体的に人手不足だが、特に早朝夜間休日はかなり苦しい。
登録ヘルパーで働いている人の大半は主婦だ。
子供が学校や幼稚園に行っている時間しか働けない人が多いので、
日曜や、平日でも晩ご飯の時間帯に来てくれる人はなかなか見つからない。
しかもうちはその時間帯がいちばん長いので余計に。

その事情はよく知っている。
だから、この事業所ではもう対応できないですよね、他事業所に移しましょう。って言った時に、
「いやうちでなんとかしますんでもうちょっと我慢してもらえませんか」
ってね。繰り返し言っちゃう事業所は本当にヤバい。
この人が来るとつらいと、利用者が言っているのに管理者が
「今募集かけてて」「新しい人が見つかって」
これも繰り返す。
一旦は「他事業所を探す」って言ったのに1週間くらいして「人が入ったからうちで」って、
その1週間探してなかったよね?
普通なら探すって言ったら翌日には動いてる。
「ギリギリ間に合ってよかった」って何に間に合ったつもりだったの?
結局入った人もうちには来れなくなったり辞めたりしている。
気づかないのか。
まともな人なら常勤で入ってしばらくしたら「これはヤバい」って思うだろう。
管理者と常勤社員の組み合わせが絶望的に頼りないもの。
そのしわ寄せが自分に来ることは火を見るより明らかだ。
残るのはよっぽどのお人好しか同類かどっちかだと思う。
なのに、
「新しく雇った者がガッツリ入りますので」
結果、ガッツリどころか数回来たけど元の人に戻ってるし。
新しく入った人はそんな経緯全く聞いていないと言ってドン引きしていた。

 

管理者さんから電話で「きちんと説明したいので明日行きます」
と言われた時、泣きながら拒否した。
今まで対面で話して丸め込まれて譲歩してきたから、
常勤ヘルパーさんの目の前で号泣するくらい状況が悪化したのだ。
もはやその常勤ヘルパーさんが来ると体調が悪くなる。
めまいや吐き気、力が入らないとか。
そして彼女は私の体調が悪くなっていることも気づかないのか気づいて無視しているのか、
私が何も言わなければ普段通りのケアをする。
ものすごく怖い。

 

とりあえず、夜の分は手放してくれた。
それだって私が号泣しながらお願いだから他の事業所にって言ったあと2週間何の連絡もなく、
こちらから連絡してようやく、だった。
他のところに渡ってしまえば、転々とすることはあっても戻ることはない。はず。
初めて来る人にいちから説明するほうが断然マシ。

 

平和な日常が戻ることを願う気持ちと、
また最悪の事態に戻ることを覚悟しておく気持ち。
両方持っている。
悪いことは想定しておいたほうがダメージは小さい。
「ああよかった」と思った時にガツンとやられるとしばらく立ち直れない。

 

明日もきっとあの人が来るんだ。

 

 

 

広告を非表示にする