満たされた弱者

重度身体障害者、生活保護受給中。

なぜ私がわかってあげないといけないのか。

暴力的な弱さが支配する | ほぼ日刊イトイ新聞 - おとなの小論文教室。

弱さのハラスメント| ほぼ日刊イトイ新聞 - おとなの小論文教室。

 

私には小学生時代からの友人が一人いる。
一人しかいないというべきかもしれない。どちらでもいいか。
彼女は中学の途中で県内で転校した。
以来、頻繁に会うわけではないが関係が続いている。
何故かというと、いや私にも理由はわからないのだけれど、
彼女は恋愛関係の悩みがあると私に電話をかけてくるからだ。
唐突に。家電しかなかった頃から、今でも。

 

昔からだが、彼女と私は性格が全く違う。
価値観も、違う。
彼女は恋愛関係で相手の気持ちがわからない時に私に訊く。
私は相手の男性に直接会ったことは一度もないが、いろいろ想像して答える。
唐突に「去年の5月にこんなことがあって」とかそんな日常シーンから事の始まりを語られるのも毎度のことだ。
それは別に構わない。迷惑な訳じゃない。

 

今回は、あまりにも連日話さなきゃいけなくて喉も痛くなってきたし、
話が堂々巡りで埒が明かなかったので、
彼女の仕事が休みの時に家まで来てもらった。
男性からモラハラを受けているという話で、
こんな酷いことを言われたと訴える彼女。
電話で聞いていた時はそれは酷いねと言っていたが、
どうも妙だなと思う部分も多かった。
そこで、彼とのLINEのやりとりを見せてもらった。

 

「こんなことを言ってくる意味がわからない」
「普通こんなことは言わない」
「私をバカにしている」
彼女の訴え。
実際に一部のやりとりを見た私は
「なぜこの言葉をそんな意味にとった?」
「この人一言もそんなこと言ってないよね!?」
「むしろあーそういう価値観の人だなってわかるよね普通!!」

男性の価値観は私と近いものだった。
結婚願望はない。
結婚しなくてもパートナーとして付き合っていくことはできる。
などなど。

彼女は
大人は結婚して家庭を持つのが当然。
結婚しないけど付き合う=セフレ扱い
好きだけど結婚する気はない=責任逃れの言い訳
だと考えるそう。

 

もう一度書きます。
私の価値観は彼に近い。
たとえ今、身体が自由に動いたとしても結婚はしたくない。

これは何度も彼女に言っているし彼女も頷いた。

その上で彼の価値観を
「意味わからん」
「絶対おかしい」
「無責任」
と繰り返し言うのは、私のこともそう思ってることになる、というと私の考えすぎになってしまうのだろうか?
彼女にその意図がないであろうことは想像がつく。
だけど、なぜ私がいつも彼女の意図を汲まなければいけないのか。
さすがにもう、うんざりしてきた。

 

彼女の話を聞けば聞くほど、
私が彼女に言いたいことは彼が彼女に言ったことになっていく。
それが彼女にとってモラハラだというのなら、
彼女が私にしていることは、弱さのハラスメントじゃないのか。

 

おかしな話だなあ、弱者は私ではなかったか。

 

「わかってくれる、私の気持ち」
彼女の口癖だ。
想像はするがわかったことなど一度もない。

 

 

 

広告を非表示にする