満たされた弱者

重度身体障害者、生活保護受給中。

秋の日に思う

別に秋でなくても思うだろう。

 

先日、ヘルパーさんの同行があって2人で訪問されていたときのこと。

1人はアラサー、もう1人はアラフォー。

2人とも結構前からうちのサービスに入ってくれているのでよく知っている人たち。

アラフォーの人が「昨日娘にメガとギガの違いを教わった」と仰った。

アラサーの人が「実は私もよくわかってない」と笑った。

 

私「マジで」

 

私「1ビット」

2人「?」

私「8ビットで1バイト」

2人「うん…?」

私「(この辺は確かに知らない人は多そうだ)1024バイトで1KB」

2人「…」

私「1024KBで1MB」

2人「1024なんや」

私「2の10乗です。情報量は2の累乗で…1024MBで1GB。1024GBで1TB」

2人「テラ?もあるの?なんしか1024ということはわかった」

(今調べたところ、通信速度を表す場合には1000毎になることもあるらしい)

 

…そら若い子が「ギガが減る」とか言う訳だ。

キロとメガとギガとテラは日常的にPCを使っていれば分かると思っていたが、

ファイルの重さとか気にせずウェブサイト閲覧くらいだったら知らなくてもいけるね。

大体、今のPCは容量がでかいからそんなに気にしなくていいし。

思い返せば1バイトの意味は私も大学で知った。

(ただ、アラサーの人は大卒である。大卒でも…)

 

しかしメガとギガの関係くらいは知らないとスマホの管理できなくない?

容量の心配しなくていいスマホを使っているのか…

(今の私のスマホは結構ギリギリ)

通信量の心配はギガ単位でしかしないのか…

 

そこから考えたのだけどメガもギガもテラも情報量固有の言葉ではないはず。

1kmとか1kgでわかるようにキロまでは日常的に用いられる。

情報量以外はそんなにでかい桁を扱わないからか。

距離でいえば地球1周が約4万km…あっ、ここにメガを持ってこようとすると表記上ミリと区別しにくいぞ!

重さは1000kgで1トン。単位が変わる。1キロトンとかは言うな。メガトン…メガトン級って表現がある!!

 

私「メガトン級のメガはこれですよ!!」

2人「あー!!!!なるほど!!」

 

知らなくてもわからなくても別に生活に支障はない。

だけど知っていたらそれを元にいろんなことが理解できる。

そのほうが楽しいと私は思う。

 

教育も学問も、単純にわかるほうが楽しいっていうことじゃないかなあ。

基礎研究に対して「それがなんの役に立つの?」ってすぐ言うマンはそう思わない人なんだろうな…。